KOBERECS

音楽を慈しむ時と、瞬間の音空間を大切にしたい...

録音、CD製作は

078-992-0229

トピックス

神戸新聞[日曜オピニオン]にインタビュー記事

神戸新聞2018年6月3日 朝刊編集委員インタビュー欄に「納得の響き 演奏家と追求・音楽ファン、専門家らに愛される理由は」というタイトルで善沢が取材掲載されています。よろしければご覧ください(拡大)

チャリティコンサートのCD収録

昨年の夏に、日本財団のストラディバリウスによる、アラベラ・美歩・シュタインバッハーさんのヴァイオリン演奏会を収録し、CD製作しました(CDは非売品)。

アラベラ美歩シュタインバッハー
YouTubeチャンネル facebookページを開設しました

コウベレックスの音源を試聴していただけるページです。ぜひ、この機会にチャンネル登録(YouTube)、

またはフォロー(facebook)をお願いします。順次、アップしていきたいと思います。

アナログ世代 コウベレックス

アナログ世代 コウベレックス

過去音源からCDアルバム

金沢市在住のピアニスト 中山知子さんは、これまでの演奏会で収録した音源をカセットテープやMD、CD-Rから抜粋してご自身のアルバムをリリース。

昨年はお得意とするバルトークを中心にしたハンガリーの作品を2枚組に集め、デザインもハンガリー刺繍をイメージしました。

本年も新たな選曲で、2枚組アルバムをただいまコウベレックスで編集中です。

CD制作

ジャケットにはリスト音楽院など思い出の写真も

万葉の歌に作曲

奈良大和高田市の弁護士 下村敏博さんが、万葉の歌に曲をつけ、合唱やソロとして歌える曲集を発表。27曲の楽譜と解説が編纂されています。タイトル「よろずのことのはのうた(万の言の葉の歌)」コウベレックスでは、出版、音源収録等をお手伝いしました。

英語の歌詞によるものもあり、アンサンブル・シュヴァリエなどで演奏されています。

万葉集

下村敏博 万の言の葉の歌

CD発売記念コンサート
Duna Pearl 〜知られざるハンガリーの音楽の調べ〜2016

ヴァイオリンの古田葵さん、ピアノの清松優記子さんはハンガリーのリスト音楽院時代に知り合った関西出身のお二人で、当時からデュオを結成し精力的に活動中。

趣向を凝らしたリリースコンサートでは、演奏だけでなくハンガリーの話題などで盛り上がりました。

Duna Pearl  CD

6月19日サロン・ドゥ・アヴェンヌにて

タワーレコード雑誌 intoxicate

"俵孝太郎のクラシックな人々"に掲載

4月20日発行の雑誌に、ゲルハルト・ボッセ指揮/神戸市室内合奏団のCD、LPが紹介されています。

俵孝太郎さんが執筆の人気連載ページで、メンデルスゾーン交響曲 第1番、第3番の聴き比べとして書かれています。

 
珍しい エスティ・オルガンの音色をCD収録

2015年10月 日本キリスト教団神戸聖愛教会のリードオルガン

1907年頃に製造されたとされる米国エスティー社製造のリードオルガンが丁寧に修復され、このたび中村証二さんによる讃美歌演奏を収録しました。

この楽器は通常のリードオルガンより1オクターブ広く73鍵盤、14個のストップがついています。低音はまるでパイプオルガンのような重厚さ、一方で繊細でどこまでも澄んだやわらかい音色もあり、中村さんの巧妙な空気送りによって驚くべき表現力が蘇りました。

エスティオルガンエスティオルガン

CD「Were you there」はご希望の方に2,000円でお分けします。メールでどうぞ。

『音楽現代』4月号 推薦盤  2016

CD「琥珀」CD「春への想い」の新譜評が掲載されました。

馬渕清香さんVn. 多川響子さんPf. によるシューマン2番、ブラームス3番のソナタは、4月号の推薦盤として紹介されています。

「...シューマンの心弾む熱い情熱からブラームスの屈折した心理表現までじっくりと作品の魅力を引き出している...」(保延)

音楽現代推薦

CD発売記念コンサート 新大阪ムラマツリサイタルホールで

土師さおり CD発売記念コンサート

2015年6月 神戸

3月にピアノソロのファーストアルバム「水の戯れ」をリリースした土師さおりさんの、CD発売記念コンサートが神戸市内のPIAジュリアンで開かれました。

福岡在住で、ヨーロッパでの演奏活動にと多忙な土師さんの、関西のファンの方々との和気藹々とした交流もありました。

土師さおり
FM OSAKA 「くらこれ」出演

2014年2月16日on air 菅野ボッセ美智子さんと

毎週日曜25:15から放送されている1時間番組 おしゃべり音楽マガジン「くらこれ」でコウベレックスのCDやLPを紹介していただきました。今回は故ゲルハルト・ボッセ氏の奥様、菅野さんと一緒に。吉川ディレクターの軽妙な誘導で、ボッセ夫妻の馴れ初めのお話などが、ぶっつけ本番で聞けました。

エスティオルガンエスティオルガン
LPレコードのテストカッティング

ゲルハルト・ボッセ指揮のLP盤のマスター盤をつくる 

私どもは神奈川県の東洋化成さんでLPの製作をお願いしています。これまでにも何度か同社工場スタジオを訪問。マザー盤の製作にあたり、実際にラッカーにカットして針をおとし音質を確かめながら、製作をすすめていきます。

デジタルと違い、カッティング時の微妙な調整加減が音質に影響するので、エンジニア手塚さんの職人技ですね。

東洋化成テスト東洋化成テスト

過去にもコウベレックスではLPをプレスしてきましたが、近年はさらに技術の向上を確信しています。 

 
デッカデコラ コンサート

兵庫県芦屋市 山村サロンで第72回ステレオ電蓄を楽しむ会 2012年5月23日

昔からお世話になっている山村サロンさんでは定期的にレコードコンサートが開催されています。2月に亡くなったG. ボッセ氏の追悼を兼ねてこの日はメンデルスゾーン「スコットランド」と、ゲバントハウス管弦楽団の古い録音でコンヴィチュニー指揮の「運命」を聞かせてもらいました。

山村サロンデッカデコラ山村サロンデッカデコラ
混声合唱の公開録音の様子が紹介されました

2012年6月9日 神戸新聞松方ホール収録 神戸市混声合唱団 

CD「宇野功芳 叙情の世界 2」の収録は、演奏者の持つライブの良さを生かした収録をという指揮者宇野功芳氏の考えにもとづき、お客様限定で100人の特別公開録音が行われました。

その時の様子は、「音楽現代」2012年8月号に保延裕史氏による特別取材が掲載されています。

宇野功芳耳の達人宇野功芳耳の達人

「耳の達人」(オントモムック)などにも様子が紹介されています。

テープを処分する前に、聴いてみませんか?

お手持ちの、オープンリール、カセットテープ、DATをコウベレックスへお持ちください《ミニ試聴会》

1時間 1,000円(予約制:ご希望の日時に添えない場合もございます)

場所:神戸市営地下鉄 西神中央駅 から徒歩約7分 TEL 078-992-0229

再生と同時に デジタルに変換することもできます。編集なしのWaveデーターをお持ち帰りの場合には、別途料金お申し受けます(再生時間にもよります)。

銘機STUDER A80で再生、お聴きいただけます。