鳥のさえずりもカンテレで

小澤実紀 カンテレ

3オクターブほどのお琴で、指で弾いて奏でる。これは手前が高音弦。

フィンランドの民族楽器”カンテレ”を演奏する、小澤実紀さんのコンサートへ行ってきました。小澤さんとはCD製作のお手伝いで知り合いました。

透明感のある澄んだ音は、まるで北欧の湖をイメージさせます。弾き歌いの声との絶妙なマッチング。

ゴスペルやオリジナル曲以外に「こまどり」という地域伝承の曲が演奏され、木々の中でさえずり合う鳥の会話にきこえてきたよ!