アーカイブ | 7月 2017

録音ホールを知る

ピアノレコーディング

道中、ひまわりの丘に寄ってみた。

来月レコーディングするホールで、歌い手さんの事前練習に行ってきました。実際にホールで歌ってみて音響や響きを確認することは有効で、本番当日は録音に集中したいですね。コンサートとはまた違った視点(聴点)が必要で、シミュレーションできるので、我々にとってもありがたい。

「よいホール」かどうかは、楽器や声量や音楽様式によってもその捉え方は多様で、リズム感重視なのか、繊細さか、癒しの響きか、、デジタルだから仮想で何でもできるよという前に、演奏者の気持ちや表現が、そのままの状態で最高の仕上がりまでもっていけることが理想。

人気のスタインウェイ Z-114 とは?

Steinway Z114

ジョン・レノンも同型を持って作曲してたらしい。

梅雨の晴れ間、芦屋にスタインウェイのちっちゃな名器が置いてあるというので、見てきました。

1978年製ドイツのスタインウェイ社のアップライトですが、通常のアップライトより背丈も小ぶり。上蓋はナナメに開けて響もよく伝わって来る。今日は残念ながら調律がされていなかったのと湿度が影響して、やや眠たい音ではありましたが、とくに右手の3点Aあたりは、つぶ揃いの美しさにその特徴がわかる。 Steinwey Z-114

調律師の篠原さんによれば、独自のオーバーホールによってスタインウェイを超える鳴りが戻る。という説明を聞き、秘めた底力を感じた。現代の新品ピアノでは素材の面でこの時期のものにかなわないということだからね。欲しい人は🎹こちらへお急ぎください→(^^)