ここはどこでしょう

IMG_1732

学習院大学の構内にある史料館

先週、投宿したホテルの横の大学内の史料館で「宮廷装束の世界展」というものが開催されていた。こういうものはホンモノを目にする機会は滅多にないだろうと思い、樹々も豊かな静かな構内に恐る恐る足を踏み入れてみた。

IMG_1742

昭和10年の結婚式で使われた装束

皇室の祭祀、儀礼で女性が着るいわゆる十二単というもので、実際には5つの衣を重ねているらしい、それでも15キロの重さだって! 展示されているものは、ため息の出るほど色が輝かしい。

また、”衣紋道”という着方を保存伝承する民間の会があることも今回初めて知った。織物や絵やデザインも含め着衣などの文化の伝承も、皇室の大切な役割なんだなーと思った次第デス。