アーカイブ | 8月 2016

夏のおわり

観測史上初の奇妙な進路をたどった台風10号にびっくりしましたねえ。。今日は風が少しありますが、朝は涼しく、やっと人間並みの生活に戻れそうでした。朝の散歩の風景。トンボ達が漂っていました。
IMG_1039

懐かしい街

IMG_1028

当時、中ドアに車掌さんが同乗していたっけ、今も車掌さんがいたのでうれしかった。

昨日は同級生宅にお邪魔して、昼ご飯をいただきました。久々に友と語り合うのも楽しかっただけでなく、彼女の丁寧で優しい暮らしぶりに素敵な気分になりました。手作りのイチジクのジャムを持たせてくれた。

ここは、私が小学生の頃にピアノレッスンに毎週通っていた町で、バスでくねくね道をあがっていく。バスのお供は阪神電車の駅で買う「チェルシー」と決まっていた。

今はないが、途中に外国人用の白い木造の赤い屋根や窓枠の質素な住宅が並んでいて、そういうのに憧れて、今の我が家の窓枠は赤色になっている。

IMG_1029

さて、その日の晩は、夫の同級生たちがうちに遊びに来て、夜遅くまで日常のたわいない話に花が咲いた。長い間に蓄積された家族ぐるみのおつきあいは、何にも代え難い人生の宝ですね!

投稿日: 2016年8月25日 カテゴリー: 暮らし

ミシンを買い替え

IMG_1025修理代もかさむので、とうとう、ミシンを買い替えました。これという新しい機能はないのですぐにとっかかる。手始めに夫の枕カバーを作ってみた。

スタートボタンの位置がまだ慣れずに、止めたい時にすぐ止められず、ウロウロしてしまう。糸の調子を奇麗に整えるのは新しいミシンでも難しい。糸と針の関係や生地の厚さによって調整すべきポイントは多い。結局、アナログな分野だね。

日本のサラバンド

IMG_1021ドイツからの演奏家を迎えて、CD製作のための録音テイクをチェックをしていました。内容はバロックの舞曲などの組曲。その日は町の盆踊りだったので、ご案内しました。

日本の舞曲はフランスのような三拍基本ではないけど、さながら、炭坑節はサラバンド、河内音頭はタンブーランかジーグというところでしょうか??

天皇陛下、そしてSMAP

DSCF8190

あー、わしらは、お気楽な人生だわ。

天皇陛下とSMAPを並べてるのもいかがかと思いつつお許し願って。どちらも平成の日本人の圧倒的な支持を得ていると思う。仕事に手抜きは許されず、恋愛、結婚も制限され、進退も自由にならない身分。そして私たちからは想像もできない裏の事情、大きな力や権力。

それなのにSMAPは(歌唱はともかく)驚くほど公共性に長けた人たちで、才能もあるし、個性も豊かなひとたち。こんなに長期間メンバーを維持できるものなのだろうか?

だから、もう十分だから解放してやってほしいと思っています。

 

投稿日: 2016年8月16日 カテゴリー: 未分類

なけなしの体力

あまりに暑いと動かなくなります。車に頼ります。体力つけようと余計に食べたりします。お腹いたくなります。教会の帰り反省を兼ねて(楽しみを兼ねて)坂道を上がってきました。午前中の北野坂で、どっと汗かいた、軟弱だけどね。

ビストロ・カフェ・ド・ パリ

お客さんまだ居ない時間なのでパノラマ撮影。ちょいと一息。

 

お昼は、いなり寿司

京都で録音セッションでした。有り難いことにエアコンノイズが無く、涼しい快適なホーIMG_1001ルで集中して録音することができました。

2日目はチェンバロのミツハシさんが、お母様お手製のいなり寿司を作って差し入れてくださいました。ゴボウなど野菜もたっぷり入って、とても美味、お重の見た目も大変美しく、食べるのに夢中で、写真を撮っておかなかったのが悔やまれます。ドイツからの演奏家達も喜んでおられた様子。

鴬張りの廊下

IMG_0983先月、京都堀川へ録音会場の下見に行ったついでに、二条城へ行ってきました。

廊下の写真を撮って来たのですが、あとで知ったところ、これが「ウグイス張りの廊下」らしいです。音の世界では興味深いですねえ。今度、一度体験してみたいものです。

 

ちなみに、奇麗に浴衣を着こなした男女をちらほら見かけたので、その美しさに見入ってしまいました。いずれも外国の観光客でした。着付けをしてくれる人たちがキチンと着せてくれるのですね。京都人の心意気を感じます。